小田原の歯医者さん石井歯科医院

【診療時間】9:00~13:00 / 14:30~19:30
土曜午後は14:30~17:00
【休診日】水曜日、日曜日、祝日

0465240260

お問い合わせ

ドクターコラム

フッ素を用いて虫歯予防

ドクターコラム

2014.10.21

 

1967000015

最近ではフッ素入りの歯磨き粉が多く市販されています。

裏面を見るとフッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウムと表記されています。
研究により適量のフッ素を歯に作用させることにより虫歯の発生率を大幅に減少させることが分かっています。
ただフッ素入りの歯磨き粉を使うだけでなく、効率よく使うことによりフッ素の恩恵を最大限に受けられますので効率のよい使い方をお教えします。

  • うがいを少なく
  • 歯磨き中はできるだけ唾液を吐きださない
  • 就寝前にフッ素を作用させる ☆ダブルブラッシング法のすすめ

①うがいを少なく フッ素入りの歯磨き粉を使用した後は少量の水でうがいするようにします。歯磨き後に飲食(水を含む)をしなければ、微量のフッ素が口腔内に残ることにより2時間程は歯に対しフッ素が作用します。10~25mlを口に含み3~4秒間の洗口を1~2回が目安です。

②歯磨き中はできるだけ唾液を吐きださない
歯磨き粉中のフッ素の成分をお口にとどめることによりそれだけ作用します。今では、泡立たないジェル状の歯磨き粉が市販されていますのでそちらを用いるとよいです。

③就寝前にフッ素を作用させる 寝ている間は唾液の量が減るため、お口の中にフッ素が残りやすいため、効果が上がります。

☆ダブルブラッシング法のすすめ
通常通り磨いた後、さらにフッ素入りの歯磨き粉をブラシにとり(ブラシヘッド半分程度)30秒程度で歯面にのばし、その後つばを吐くだけか、一回軽くゆすいで終了とする。フッ素を多くお口の中にのこす事が出来ます。

ですが、、、

基本はブラッシングです。
フッ素をいくら作用させても歯垢がおとせてないと意味がありません!。

JR小田原駅 東口下車 徒歩3分
小田原の駅前の歯医者さん

pagetop